やさいの物語.jpg fujiyama_veggieへのリンク.gif REFSについて.jpg

2012年04月16日

はしご酒・朝市、週末の沼津。

先日の土曜日、はしご酒のイベントが行われました。

参加して頂いた方は約130名。
雨の中、ありがとうございました。

参加店には蔵元さんがいて、お酒をのみお料理を食べながらお酒の話を聞く。



お酒も人がつくるもの。
つくり手の想いを聞くのはとても面白いです。

日本酒に今まで興味がなかった方も、
「蔵元の方とお話をして日本酒の面白さを知りました」
と。

今回参加の酒蔵は

白隠正宗(沼津、高嶋酒造)
開運(掛川、土井酒造場)
高砂(富士宮、富士高砂酒造)
金明(御殿場、根上酒造)

静岡のお酒、とても素晴らしいなぁと、
改めて。

また日本酒の好きな方達の、美味しいお酒を通してのコミュニケーション。
そして、街で参加者のみなさんがつけているプレートを見て初対面の方でもコミュニケーションを快くするイベントの一体感。

とてもアットホームな感じがまたよかったです。

そしてお酒にあう食材を出す参加店。

今回の参加店は

・半蔵U
・さえ丸おじさんの店
・縁(えにし)
・くいもんや一歩

普段から日本酒に対しての思い入れのあるお店。
イベント前に、お店の方が酒蔵に行き打ち合わせをしたお店も。

半蔵2さんはイルカなど


さえ丸おじさんの店は、お刺身やうずわ味噌。
一歩さんは、中華。
縁さんは、酒粕を使った料理が評判。

それぞれが特徴のある料理でした。

実は、この土曜日というのは普段から皆さん満席になってしまうお店。
そんな中、日本酒をもっと好きになってもらいたいと、協力して頂いた参加店の皆様にも感謝です。

この企画を提案した 静岡市の鉄板焼きと日本酒の「湧登」の山さん、そして沼津で実行をしていった一歩さん。
この方達の日本酒に対する想いは凄かった。
つくる人を応援する事もそうですし、日本酒を飲む文化をもっと普及させたいという想い。

私は、運営のお手伝いをさせて頂きましたが、八百屋としてもとても収穫の大きいイベントになりました。


今回は、東京や静岡市など遠方から多くの方が来られました。
また次回があったら、もっと沼津の方も参加をして頂けたらなぁと。

ちなみに次の日の朝はいなり市でした。
東京からはしご酒に来られ沼津に泊まった方は夜・朝と楽しんで頂けたようです。



REFSは、白隠正宗の麹とオレンジジュースを販売。
これとても美味しくて栄養価が高いんです。
食欲がない時なども最適です。

(二日酔いで弱っていた自分がかなり助けれていました…)

毎週何か面白いコトがある沼津の街。

来週は、REFSでは木のスプーンをつくるワークショップ、
その次の週は、沼津中央公園で謎のイタリアのパフォーマンス集団が現れ自転車の演劇があります。

いやぁ楽しみ。

魅力的な人・モノ・食が集まる街っていいですね。





posted by REFS店主 at 18:44| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。