やさいの物語.jpg fujiyama_veggieへのリンク.gif REFSについて.jpg

2012年10月10日

ライジングサンマフェスティバルを終えて

沼津魚市場にてライジングサンマフェスティバルが行われました。



平日にかかわらず800人の方にお越し頂き、
気仙沼から届いた秋刀魚をお召し上がり頂きました。

沼津の戸田からは戸田塩と橘が提供されました。



日本古来の原種で希少価値の高いタチバナと、
日本一とも言われる戸田塩で秋刀魚を食べる
贅沢な組み合わせ。

物販では、ベアードビール、カリアゲひもの、松風軒のひもののおむすびなどの沼津の特産。

そして、沼津港で一番水揚げされるサバ。
かねはちさんが作られたサバの缶詰を使ったピザもサバの燻製の香りとチーズの組み合わせがなかなかでした。




なじょにかなっぺさんのコッペパンも
人気だったようです。
あと東京から来て頂いたADRAjapanさんが
販売した宮城県山元町のグッズ。
いちごたわしが完売。



港と港のつながりを感じるイベント。
魚市場という場所はモノとモノが行き交う
場所ですが、こうして人と人の交流する場所に
なる事もいいですよね。

そして沼津の魅力を感じること。

港で秋刀魚を食べておいしいビールを飲んで、
クルージングで富士山を眺めながら
秋風感じた方々からは、
とても気持ちのいい笑顔が溢れていました。



今回も多くの方にご協力を頂きました。
場所などの提供をして頂いた沼津魚市場さん
そして焼くのを手伝って頂いた魚市場の職員さんや
羽野水産さんなどの水産会社の方々。

サポートをして頂いた沼津市役所のみなさん。

NPO戸田塩の会や、炭を提供して頂いた伊豆美化企画さん。

そして参加して頂いたみなさま、本当にありがとうございました。

支援金は193,428円になりました。
こちらは、NPO静岡市民活動支援センターを通じ被災地の水産業などのお手伝いなどに使わせて頂きます。

13日は気仙沼で秋刀魚フェスティバルが行われます。

沼津港でのみなさんの秋刀魚を食べた笑顔も届けたいと思います。
そして沼津の物産も届けてきます。









posted by REFS店主 at 19:12| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。