やさいの物語.jpg fujiyama_veggieへのリンク.gif REFSについて.jpg

2012年06月04日

渋谷パルコにて伊豆・富士山麓食品展

『伊豆•富士山麓食品展 〜Local natural circulation 〜』
渋谷パルコのテイスティプラスにて始まりました。

日本一高い山の麓から世界一深い湾。
この自然の循環が生み出す食材や、この地域で自然と向き合う“人”がつくり出すモノ。
1990年のNational Geographic の駿河湾特集も誇らしげに飾ってしまいました。



山⇒川⇒畑⇒海⇒山

野菜を使った加工品の他にも海のモノも。

・天城の間伐材を使った薪を13時間燃やして作られた戸田塩
・日本一を誇る伊豆産の天草と柿田川の水から作られた伊豆河童のところてん
・究極の調味料、かつおの魚醤油など

食に関わるものもあります。
・天城の木を使った ありしろ道具店のアルヴァのスープボウル、
・“go back to natural”をテーマにした御殿場の作家TSUBORAYAさんが一つ一つ作りあげた陶器。

伊豆半島は海藻の種類が世界一と言う事で海藻おしば協会の海藻アートのポストカードもあります。
海藻アートも飾ってあるので海藻の美しさを是非見に来て頂けたらと思います。

今回のブースの棚は沼津ものらしいもので。
干物の原料が入っていた箱を、福祉施設で洗浄し奇麗に削った沼津木箱を利用しました。
沼津らしいけど、PARCOらしく。



といったカタチで、ひとつひとつのモノに物語のある物産展。

東京の方に、静岡県東部の隠れた魅力を知って頂く機会になって頂けたらと思います。


渋谷PARCO B1 テイスティプラス
期間:6月2日〜6月30日




posted by REFS店主 at 22:18| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。